サイタイ血幹細胞培養液

はじめに

近年、iPS細胞の発明などにより、再生医療の研究がますます盛んに行われています。
それに伴い、再生医療の技術を応用した「幹細胞配合化粧品」が注目されています。

今までの化粧品は肌に足りない成分を補うものでしたが、幹細胞培養液を配合した幹細胞化粧品は細胞へアプローチします。そのため、肌を根本から改善する効果が期待できます。

本ページでは、純国産を実現した「サイタイ血幹細胞培養液」をご紹介いたします。

是非ご一読、ご活用いただけますと幸いです。

幹細胞とは?

「幹細胞」とは、細胞のもととなる細胞のことです。皮膚や血液など、絶えず細胞が入れ替わる組織を保持するために、新しい細胞を産生して補充しています。自分自身をコピーする”自己複製能”と皮膚や血液などの他の細胞に変化する”分化能”を併せ持ちます。

幹細胞培養液とは?

「幹細胞培養液」とは、幹細胞を培養するときに得られる上清液のことです。
幹細胞は細胞自身が活性化・成長・増殖するために様々な有用成分を分泌します。そのため、幹細胞培養液にはサイトカインやタンパク質などが豊富に含まれています。
また、幹細胞そのものは化粧品への配合が認められていないため、幹細胞由来の有用性成分を豊富に含有している”培養液”を配合することで効果が期待できます。

由来ごとの特徴

「サイタイ血幹細胞培養液」はヒトサイタイ血由来の幹細胞培養液を使用しています。

一般的に化粧品に使用されている幹細胞培養液には、植物由来とヒト由来があります。

①植物由来
植物由来の幹細胞培養液に使用されている植物は、過酷な環境下で育ったものも多く、抗酸化作用や保湿力に優れているという特長があります。
しかし、植物とヒトでは細胞の仕組みが異なるため、植物由来の幹細胞がどのようにヒトに作用するか明らかでない部分も多くあります。

②ヒト由来
ヒト由来の幹細胞培養液は、ヒトのカギ穴(レセプター)に一致するカギ(リガンド)となるサイトカインを豊富に含んでいることが知られています。細胞の表面には、特定の形をしたカギ穴があり、カギがぴったり結びつくことで細胞が活性化します。
また、ヒト由来はエイジングケアに効果的なサイトカインを豊富に含んでいるので、細胞にアプローチし肌悩みを根本から改善します。

ヒト由来の中でも、脂肪由来やサイタイ血由来など様々なものがあります。その中で大きな違いとなるのがサイトカイン量です。
サイトカインには、新しい細胞の産生を促進する作用があります。サイトカインはもともと体内に存在する成分ですが、加齢とともに減少するため、補うことでターンオーバーが正常化され、若々しいお肌を維持することができます。

臍帯血由来に着目

そもそも臍帯血とは、「へその緒や胎盤を流れる血液」のことです。受精卵を赤ちゃんになるまで育てる大切な働きを担っており、体内で最も細胞を育てる力を持った組織といえます。体内の幹細胞が効率よく増殖するためには、サイトカインをバランスよく含んだ環境が必要です。
そこで弊社は、「臍帯血由来幹細胞培養液」が幹細胞の増殖に最も適した環境であると考え開発を行いました。

「サイタイ血幹細胞培養液」は、細胞の増殖を促進するEGF類だけでなく、若返り因子と呼ばれる“GDF-11”を豊富に含んでおり、脂肪由来に比べてサイトカインをバランスよく含有していることが確認されました。そのため、幹細胞を維持しながら一般細胞の増殖を促進することができます。

  • EGF(上皮細胞増殖因子)…肌のターンオーバーを促進
  • FGF(線維芽細胞増殖因子)…肌の弾力アップ
  • KGF(角化細胞増殖因子)…育毛効果を発揮
  • HGF(肝細胞増殖因子)…代謝促進(細胞増殖促進)
  • GDF-11(成長多様化因子)…エイジングケアに抜群の効果

【GDF-11とは】
ハーバード大学にて研究されたGDF-11は、「若返り因子」としてSCIENCE誌やCELL誌に臨床研究結果が掲載された注目成分です。年齢とともに減少していく成分で、幹細胞やコラーゲン、エラスチンなどの増殖を促し、皮膚の再生やエイジングケア作用が期待できます。

エクソソーム

エクソソームとは、タンパク質や核酸、脂質等の成分を内包し、細胞間の情報伝達に関わる物質のことです。近年、新しい情報伝達媒体として注目されています。細胞はエクソソームを取り込むことで、サイトカイン産生や創傷治癒などの効果がもたらされます。
「サイタイ血幹細胞培養液」にはこの「エクソソーム」が含まれています。

原料紹介

日本人由来の純国産

20~30代の日本人ドナーの出産において得られた臍帯血から幹細胞のみを選び出し、培養した上清から細胞を取り除いた原料です。
また、臍帯血の採取から製造まですべて日本国内で行う、“純国産”を実現しました。

安全性

「サイタイ血幹細胞培養液」は、厳しい検査基準で品質・安全性を確認しています。

  1. ① 細胞を含まない上清液のみを使用
  2. ② 厚生労働省告示の「生物由来原料基準」を厳守して製造
    • ドナーのスクリーニング検査の実施
    • ドナーに対し、文書による説明を行い文書による同意を取得
    • 日本国内の衛生管理が十分に行われた施設で幹細胞を採取
    • 記録の保存

●化粧品原料

【ホルス サイタイ血幹細胞培養液】

No. 成分名(表示例) 含有量(%)
1 ヒト幹細胞順化培養液 99.1
2 フェノキシエタノール 0.9

各種有用性

【創傷治癒作用】

創傷治癒の過程では、傷に向かって細胞が増殖・遊走して傷が治ります。
「サイタイ血幹細胞培養液」は、細胞を遊走させ創傷治癒作用があることが確認されました。

*試験方法*
角化細胞を培養し、増殖を停止させた後に試験用の培地に播種した。その後、培養した角化細胞の増殖を停止させたあとに、検体(サイタイ血幹細胞培養液)を添加し、24時間でどれだけ細胞が移動するかを観察した。

*試験結果*
非添加と比較して細胞が有意に移動することが確認されました。

(分析機関:(株)エーセル)

【細胞賦活作用】

「サイタイ血幹細胞培養液」は、真皮線維芽細胞の増殖を促すことが確認されました。
お肌のハリやツヤの維持が期待できます。

【コラーゲン産生促進作用】

「サイタイ血幹細胞培養液」は、コラーゲン産生を促すことが確認されました。
年齢とともに失われるコラーゲンの産生を促し、エイジングケア作用が期待できます。

【ヒアルロン酸産生促進作用】

「サイタイ血幹細胞培養液」は、ヒアルロン酸産生を促すことが確認されました。
年齢とともに失われるヒアルロン酸の産生を促し、お肌の柔軟性や潤いの維持が期待できます。

【保湿効果】

「サイタイ血幹細胞培養液」は、水と比較して高い保湿効果が確認されました。

【きめ改善】

「サイタイ血幹細胞培養液」は、塗布30分後にきめを改善することが確認されました。

*試験方法*
「サイタイ血幹細胞培養液」を2滴(約0.1g)手に取り、指先を使って目尻に優しくなじませた。塗布前・塗布30分後の計2回、マイクロスコープで撮影した。画像を解析し、塗布前後でのきめを観察した。

安全性データ

下記の安全性試験を実施済みです。

試験名結果試験概要
代替皮膚一次刺激性試験異常なし細胞に検体を添加して異常が生じないかを確認
代替皮膚感作性試験異常なし細胞に検体を添加し、免疫系の遺伝子の異常が生じないかを確認
敏感肌パッチテスト異常なし敏感肌被験者を対象に、検体を皮膚に塗布して異常が生じないかを確認
代替眼刺激性試験異常なし細胞に検体を添加して異常が生じないかを確認
復帰突然変異試験異常なし細菌を用いて、遺伝子が突然変異を起こさないかを確認
アレルギーテスト異常なしヒトの皮膚に検体を一定期間の間隔をあけて、繰り返し塗布することで異常が生じないかを確認

おわりに

本ページにて、「サイタイ血幹細胞培養液」についてご紹介させていただきました。
より詳しい情報をご希望の場合は、下記までお気軽にお問い合わせください。

担当
マーケティング部
TEL
03-5328-9331
03-5328-9331